新着情報

2023/10/09
プラットフォームの設立総会(2023/7/11開催)
こうべ森と木のプラットフォームのnoteを開始しました。
一回目は、7月11日に開催したプラットフォームの設立総会を詳しく報告しています。

「こうべ森と木のプラットフォーム」は、地域の財産である森林を育み、活用し、次世代へ繋いでいくため、公民共創の場として設立しました。
神戸市内の森林整備、木材活用など森と木に関する情報共有や新たな取り組みの誘発を目的にしています。
設立総会では、森林所有者、森林関係団体、造園関係、木材事業者、工務店・家具製造などの民間事業者、その他、国・県・市などの行政機関が参加して開催することができました。設立総会を開催!
プラットフォームの趣旨、これからの取り組み、プラットフォームに期待することなど、意見交換しました。

noteのページは、こうべ森と木のプラットフォームのトップページからご覧ください。
2023/09/04修正
8月30日に神戸の森とまちがつながるフォーラムを開催します(終了)
下記のとおり、8月30日に神戸市主催で林野庁森林整備部長長崎屋圭太氏をお招きして
フォーラムを開催することとなりました。
ぜひ、ご参加いただければ幸いです。
本件は終了しました。多数の参加ありがとうございました。結果報告は後日本ページで行います。

―【開催案内・参加者募集(8/25締め切りました)】――――
神戸の森とまちがつながるフォーラム
■日時:令和5年(2023年)8月30日(水)14:00~16:30(30分前開場)
■開催場所:神戸木材会館(兵庫県神戸市兵庫区大開通2-3-18)
      http://kobemokyo.jp/pages/28/
      新開地駅から徒歩5分。公共交通でお越しください。
■定員:100名(先着順)
■参加費 無料

▼▼プログラム▼▼
開会挨拶(神戸市長 久元 喜造)
1.基調講演
 SDGsと森林・木材~持続可能なサプライチェーン~ 長崎屋圭太氏(林野庁森林整備部長)
2.話題提供
 都市近郊林における森林所有者と資源管理について
   三俣学氏(同志社大学経済学部教授)
 都市部における広葉樹、木材活用の可能性-活用者の立場から-(仮)
   曽和具之氏(神戸芸術工科大学 芸術工学部 准教授)
 神戸市の森林の現状と取組
   神戸市建設局防災課
3.パネルディスカッション 
 パネラー 基調講演者、話題提供者に加えて、服部真俊氏((株)三栄取締役)/山崎正夫氏(SHAREWOODS代表)

▼▼問い合わせ等▼▼
こうべ森と木のプラットフォーム事務局*(ひょうご森林林業協同組合連合会内)
kobemori-platform@hyogoforest.or.jp TEL:078-599-7461 
http://www.hyogoforest.or.jp/platform/index.html

(584KB)

2023/07/21
ストックヤード棚卸市を開催しました
 7月14,15日の2日間、神戸市しあわせの村内にあるストックヤードで、棚卸市を開催しました。
 梅雨の合間の曇り空で、少し蒸し暑かったですが、2日間で7-80名くらいの方が来場されました。(アンケート回答者61名)
 このストックヤードについては4年ほど前から使用していますが、当初は伐採場所や伐採方法などの記録も不十分で、数年経過した挽板材もあり、これらを整理することと、プラットフォーム発足の広報も含めて実施いたしました。材は、アラカシ、クスノキ、アカマツ、サクラなどの他、アベマキ、ヤシャブシなども買っていただき、今後もこのようなイベントを継続するのかなどお尋ねもいただきました。
 今後、このストックヤードの充実と利用方法の改善を図っていきたいと考えています。
今回の収益金は(公財)神戸市公園緑化協会が管理する「六甲山森づくり基金」へ寄付いたします。六甲山の森林整備事業や普及啓発活動などに活用します。

[添付]: 8-1.jfif (180KB) [添付]: 8-2.jfif (134KB) 8-3.jpg

2023/07/21
プラットフォームの設立総会を行いました。
7月11日の午後、神戸市中央区文化センターで、プラットフォームの設立総会を開催しました。
当日は、急な呼びかけにも関わらず、森林所有者、森林関係団体、木材事業者、工務店・家具、造園事業者、国や県の行政機関も含めて38団体42人、その他神戸市の主管課である防災課や事務局を含め、54人で意見交換を行うことができました。
神戸市は、森林の面積が約4割を占めていますが、その多くは、薪炭林由来の広葉樹林であり、多くの森林は、手がいれられていません。
 所有者の方からは、やはり高齢化で若い人たちが参加してほしい、異分野の事業主体の方からは、わからない事が多い、伐るだけではなく活用方法も考えた伐採、広葉樹材の活用に関する意見など多様な声をいただきました。
 ソフト的な事業も含めていろいろ活用を考えていくことで、森林の手入れから活用までのサイクルづくりにつとめていく事を事務局としても再確認いたしました。

[添付]: 7-1.jfif (198KB) 7-2.jpg7-3.jpg

2023/06/30
ストックヤード棚卸市の開催について
 神戸市では、市有林や神戸市の事業で伐採した樹木の活用を考え、木材のストックヤードを「しあわせの村」内に設置しております。
 ここで保管しておりました材のうち、時間を経過したものもあり、これらの棚卸を行い、一般の方にも活用していただきたいと思い、下記により棚卸市を開催することにしました。
 アラカシ、クスノキ、ケヤキ、コナラなど広葉樹が中心です。収益金は(公財)神戸市公園緑化協会が管理する「六甲山森づくり基金」へ寄付し、六甲山の森林整備事業や普及啓発活動などに役立てます。

 日時 2023年7月14日(木)、15日(金) いずれも10時~15時半
 
 場所 しあわせの村内 神戸市産材 ストックヤード

詳しくは、下のチラシをご覧ください。

(7598KB)

- Topics Board -